株のポジショニング

東証主力系軽視、中小型株重視のポジショニング!

全体戦略でお伝えしているように、日経平均(連動タイプ)ならびに東証主力株は上昇トレンドの継続が本命視されます。ただし、米中関係の不安定さや上方オーバーシュートの反動リスク、平時のボラティリティの乏しさなどを踏まえれば、納得がいくリターンを得るためには強引な株数勝負に持ち込むか、ストレスを抱えながら一定期間のホールドが余儀なくされそうです。すなわち、「上がる≠儲かる」リスクが高い状況。

よって、ポジションの中核には中小型株を据えるのが正攻法。
※ 紛れやストレスを軽減するために、流動性(出来高)は高めのものを選択。

ここからは、株とは別のFXについてご紹介します。
昨今取り上げられているFX SUITという海外FX業者の3すくみという手法になります。
株の利回りは5%を超えるといいとされますが、FX SUITは月利15%の運用が可能となります。年利ではなく月利ですよ!?月利!!
初心者でも簡単に運用できるものなので是非、資産運用のひとつとしてご活用ください。

おすすめの記事